fc2ブログ
大学院に入って数か月がたった。気がつけば下期を迎えている。考えてみれば、勉学以外にもいいことがたくさんあった。特にあげるとすれば、人に歩み寄ることについて学べたことだ。というか、普段の行動とは、違った行動をとることの重要性ということなのかもしれない。僕自身、非常に自由人でわがままな性格なために、鵜呑みのまま人の考えに従うことをあまり得意としていない。プライベートなことならいざしらず、特に仕事に関して自分のやりたくないことであれば、ほとんど従わないことが多い。

上司から言われようと、社長から言われようとやらないことが多い。その分喧嘩も絶えないし、解雇になるリスクにさらされるわけであるが、幸いなことにいまだ解雇になった経験もない。(もちろんすれすれのことは多くあっただろうし、あくまで自己評価でもあるのだが)大学院にいる自衛隊に所属している先輩からは、「反発をするから服務規定違反になるし、自衛隊には向いていないよ」とよく言われる。そう、たしかに向いていないと思います。

一方で、肯定的な意見もあって、自分軸がしっかりとしているとか、プリンシプルをもっていると、やりたいことが明確になっているとか、こんな身勝手な人間ながらも、人並みに評価をされているように思っています。ただ先日、本当にこれでいいのか、と立ち止まって考えたことがあった。

あるプロジェクトを組むことになり50代の男性や20代の女性とメンバーとプロジェクトを組んだ。僕はリーダーになってタスクが円滑に進むようにマネジメントをした。2か月間毎日のように顔合わせしているので、思い通りに進めようとする自分が当然のようにでてくる。そして当然のようにメンバーとの衝突を繰り返すわけだ。しかし、何かの拍子で自分の思うように進められない苛立ちからか、ふと立ち止まって考えて、あることに気付いた。いったい僕は何と戦って、何を獲得したいのだろうか、と。

大学院では様々な優秀な人がいて、しばしば彼らの能力に翻弄されることがある。時に、私の主張に対して論理的
にまっとうなことを言われ、面を食らうこともあれば、一方で卓抜とした巻き込み力によって自分の意見を変えざるをえないこともあった。その都度、自分のスタンスらしくないと思うわけなのだが、不思議と彼らの主張を認めざるを得ない。僕が僕なりに気づいたのは、こうした出来事の延長線上にあって、僕は何かと一生懸命戦って、何かを獲得してきたつもりではあったが、結局のところ人に救ってもらっていただけではないのか。あるいは、僕は自分で思っているほど、何かができているのではなく、その都度、周囲の人に気を遣わせていたのではないか、と。今のところ、僕はこの時の気づきのようなものを得て、今ではなれもしない、人の積極的な呼びかけや、ひたすら人の話に耳を傾け、グループでの最適解の出る方向を支援をするつもりで人に歩み寄っている。(つもり)そして今においても、この違和感は絶えることはない。

そんなこともできないのかと思う人はたくさんいるだろうし、当然、相対的にみれば、大層なな学びであったというほどのしろものではないかと思う。しかし、当事者の僕にとって、今までと違う行動をとるというのは、2足歩行を達成した人類が最初の一歩を踏み出したくらいに挑戦的で、センセーショナルで、歴史的な出来事だ。僕が僕以外の誰かに歩み寄ろうとする小さな一歩は、今の小さな僕にとって、小さいながらの価値がある。
大学院に入って数か月がたった。気がつけば今は下期を迎えている。考えてみれば、勉学以外にもいいことがたくさんあった。特にあげるとすれば、人に歩み寄ることについて学べたことだ。というか、普段の行動とは、違った行動をとることの重要性ということなのかもしれない。

僕自身、非常に自由人でわがままな性格なために、鵜呑みのまま人の考えに従うことをあまり得意としていない。
プライベートなことならいざしらず、特に仕事に関して自分のやりたくないことであれば、ほとんど従わないことが多い。上司から言われようと、社長から言われようとやらないことが多い。その分喧嘩も絶えないし、解雇になるリスクにさらされるわけであるが、幸いなことにいまだ解雇になった経験もなく、むしろ、僕らしさとして、細やかに評価されていたりもする。(もちろんどこまでかは不明だし、あくまで自己評価でもあるのだが)

大学院にいる自衛隊に所属している先輩からは、「反発をするから服務規定違反になるし、自衛隊には向いていないよ」とよく言われる。そう、向いていないと思います。自分軸がしっかりとしているとか、プリンシプルをもっていると、やりたいことが明確になっているとか、色々なこんな身勝手な人間ながらも評価をされるわけであるが、先日、本当にこれでいいのか、と立ち止まって考えたことがあった。

あるプロジェクトを組むことになり50代の男性や20代の女性とメンバーとプロジェクトを組んだ。僕はリーダーになってタスクが円滑に進むようにマネジメントをした。2か月間毎日のように顔合わせしているので、思い通りに進めようとする自分が当然のようにでてくる。そして当然のようにメンバーとの衝突を繰り返すわけだ。しかし、何かの拍子で自分の思うように進められない苛立ちからか、ふと立ち止まって考えて、あることに気付いた。いったい僕は何と戦って、何を獲得したいのだろうか、と。

大学院では様々な優秀な人がいて、しばしば彼らの能力に翻弄されることがある。時に、私の主張に対して論理的
にまっとうなことを言われ、面を食らうこともあれば、一方で卓抜とした巻き込み力によって自分の意見を変えざるをえないこともあった。その都度、自分のスタンスらしくないと思うわけなのだが、不思議と彼らの主張を認めざるを得ない。その時に気づいたのだが、僕は何かと一生懸命戦って、何かを獲得してきたつもりではあったが、結局のところ人に救ってもらっていただけではないのか。また僕は自分で思っているほど、何かができているのではなく、その都度、周囲の人に気を遣わせていたのではないか、と。

今のところ、僕はこの時の気づきのようなものに救われて、ぎこちない人の積極的な呼びかけや、ひたすら人の話に耳を傾け、グループでの最適解の出る方向を支援をするつもりで人に歩み寄っている。いや、つもりになっているに違いない。

何をいうか、と思う人はたくさんいるだろうけど、当事者の僕にとっては、人類が最初の一歩を踏み出したくらいに重く、センセーショナルな出来事だ。これによって、何か偉大な学びがあったというほどの価値ではない。ただ、僕以外の誰かに歩み寄る、その小さな一歩が今の僕にとっては価値がある。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://maisonmononoware.blog.fc2.com/tb.php/4-ed23bd82